--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へ
スポンサー広告
2008/08/12.Tue

ペット火葬(12W3D)

昨晩は眠れない夜だった。
寝ないと、という意識があったのでうつらうつら遺体の横で寝たりベットに行ったり。

明け方、ベランダを見たら原坊の朝顔が咲いていた。
数日前に1つ咲いたけど、今日から本格的に咲き始めたらしい。

080812_01


朝一でお世話になった猫病院に電話。
変わった症例の子なのでこれからの他の猫たちのために何か役に立てれば遺体を渡そうと思った。
病院の先生に変わってくれて話をしたけれど、特にそういうことで解剖などはしていなく、飼い主が希望する場合だけ解剖(有料)でやってるとのことだったので、渡すのをやめて火葬することにした。
火葬は市の火葬場とも思ったけど連絡のやりとりでできない可能性があるので24時間受付のペット火葬に頼むことにした。
午後から来てくれるそうで、それまでに準備をする。

一緒に入れてあげるお花と好きだった食べ物、それと手紙。
お花はちょうどお盆ということで、スーパーにはいかにも盆花っぽいものばっかりだったので、花屋に行ってみた。
それでもやっぱりほとんどが盆花。
しかたないので、苗で売ってた日々草を買ってお花を摘むことに。
それと、ひまわり。
夏~初秋生まれの子だし夏らしく。

食べ物は、好きだった鰹節とチーズ、シュークリームとささ身。
ささ身は帰ってゆでた。
そして2人で手紙を書いた。

時間になって葬儀屋さんが来てくれて、場所を移動。
ゆっくりお別れするために、大きな公園の駐車場に行った。

白い紙の上に遺体を置いて、お花を飾って、食べ物と手紙をおく。
しばらく別れを偲んでから火葬。
火葬中は公園をちょっと散歩して時間をつぶした。
なんだかいなくなるのが不思議なくらい普通の時間が流れていた。

火葬が終わってお骨あげを二人でした。
父親がなくなったときは、長年の投薬で骨がピンク色になっていたけれど、猫の骨はとてもきれいで、葬儀屋さんも大事にしていたんですね、って言ってくれた。
小さな骨壷に入れてあげてリボンをつけて、終了。


もう彼女はいない。
でも超えなければいけないこと。

一番そばにいてくれた人(猫)がいなくなるって、本当につらいもんだなぁ、とつくづく感じた。


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産,育児へ
妊娠4ヶ月 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。